連絡です。

     5月12日(土) 8:30より 本町小学校校庭の小石拾いが

   ありますので、是非参加ください。日頃、体育館,校庭を使用している社会体育部の

   みなささんで、運動会に向けての清掃活動にご協力下さい。

                                     4月30日 

平成30年度の夏季大会の対戦表をDLしました。

 

 タートルシャトルαは18部の4位

 

 タートルβは20部の3位という位置です。

 

試合は8月19日(日)で、千葉公園体育館ですよ。      

                         2018.3.23

 

 春はもうすぐ来ています。

 体を動かす季節到来、バドミントンしませんか?

 動きたい人、募集中です。

 速 報 

 14日(日)花島体育館で行われた千葉市市民リーグ冬季大会に参戦したタートルシャトルα(18部)とタートルシャトルβ(21部)は、21部が、3チームをすべて降して優勝した。数年ぶりだった。18部も、女子ダブルスが2勝したが、ミックス、男子ダブルスが続かず、勝ち点を挙げることが出来なかった。全体としては、若返ったタートルに、活気が出てきたと言えよう。次は夏に向かって、更に練習を積み上げていきましょう。寒い冬に熱い練習を地道に継続していこう。

冬季市民リーグの組み合わせ (対戦表)決まる。11月17日(現在)

 タートルシャトルαは 18部の4位の位置となる。

  対戦相手は、ピノキオ A、Cと WLB

 タートルシャトルβは 21部の4位の位置となる。

  対戦相手は、ちょこざい、サンコメットZ、松が丘B

 

 冬を目指して頑張りましょう。

 

 このところ、選手が揃わなくて、連続で試合を続ける事が困難な状況が見られます。シャトルはふんだんにあるので、積極的な参加を期待します。寒くなってきましたが、準備運動ストレッチを忘れずに、頑張りましょう。自分自身の技術の向上は、其の意志に正比例してくるものと考えます。     10月16日(月)

 

********************************

千葉市バド協会に会員名簿を提出。新しい風を期待したいところです。日々練習あるのみ!

********************************

   2016年結果:冬季 12月25日(日) 花島公園体育館

 19部は、善戦むなしく、3敗で、降格で20部に、22部は、もう少しで、昇格できるところまで行ったが、結果2位で残留となる。

 

 19部のコートは花島体育館の角、コートのエンドで、環境が著しく違うところでの試合となった。普段本町小学校の、恵まれた環境で練習している者たちには、過酷な条件だった。すべて負けて、再起を誓う結果となった。22部は、19部よりはいい環境で試合ができた。今回加入のR君の活躍が大きく、充分な試合ができたようである。また、高校生チームも大健闘した。

  今後は、ぜひ1位抜けを期待してみたいところである。オールドマンとヤングマンの融合を図れるチームになれればいいと小生は考えている。クリックすると大きくなりますよ。写真が!!!

 

  2016年 12月 25日(日) 花島体育館にて 

タートルシャトルクラブ

(亀井町倶楽部)///αβ


 毎週月曜日、木曜日、19:30~21:20まで千葉市本町小学校体育館でシャトルを打ち合ってゲームを楽しんでいる倶楽部です。
参加者(ビジター)は1回につき200円とシャトルを1個出してもらって、ダブルスゲームを楽しんでもらっております。
(会員は月額500円と毎回シャトルを1個出してもらっています。)

参加者は毎回いろいろ(10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代)で変化に富んでいます。
バドミントンの技術もいろいろでいろいろな組み合わせで試合ができます。
会員は千葉市市民リーグにαβで参加しており、今までに数十回リーグ1位になっています。
いろいろなジャンルの人達がおりますので人間関係の幅が広がります。

      冬季リーグは花島公園体育館で行われれ、試合の結果は、18部リーグ2位で残留、 

22部も2位で残留となりました。次の夏リーグで頑張ろう!!  

 

   今まで使用していた写真があまりにも古いので2015年

10月19日のものに取り換え追加しました。夏場は人数が多い日が多かったのですが、涼しくなるにしたがって、人数が少なくなってきております。充分練習ができる環境になっているようです。

いささか、古い写真であるが、掲載させて頂く。足元に輝かくのは、チーム優勝のあかしである。市民リーグの参加形態が変わらなくても、チームに全力を注ぐというタートルの精神は健在なり。ということを示す一枚である。

 

それを示す写真がこれだ。すこし小さくなったが、その精神は少しも変わらず、健在なり。この写真から20年後、同じメンバーとしているのは、ムー??!!

継続するのは難しいということであるが、自分にとって、そして自分の人生にとってどう生きるかが問われる時代となった。