ブログを整理した。

 今日は一日雨でした。秋雨前線の停滞によるものです。気温が上がらず、14度台でした。寒く感じる中、午前中は1件植木の剪定の打ち合わせに行き、午後は滞っていた。ブログの整理をした。足掛け3年になるブログの記事は100件に迫ろうとしており、見やすさと自分自身の頭の整理も兼ねて、カテゴリ別に整理した。新頁(ブログ)のタグをクリックするとプルダウンメニューが現れ、それぞれ2016年のもの、2015年のもの、植木(シルバー)に関するもの、PC、マラソン関係、人間関係、雑感、他に関するものがまとめて見れるようにしました。古いものに新しいものが積み重なっていくので、遡れると思います。ひとつひとつにカテゴリをつける作業は、退屈なルーチンワークでしたが、今のうちにやっておけば将来困らないと思いました。記事の偏りは、独断と偏見なのでご容赦願いたい。

 

 

5 コメント

2か月の空白・・・

 7月29日から、ブログは更新されていない。責任はすべて小生にある。8月は、繁忙期で2日に1回は植木の仕事に従事していた。9月も同様な生活が続いた。それが理由なのかという思いもあるが、実際仕事を終えて、道具の手入れを終われば、その日は終わり、飯を食って、即寝るという生活の繰り返しが続く。明日が休みだといっても、その次が仕事ならば、1日休息でアッという間に1日が過ぎていく。8月9月は、筋トレと走りのキロ数にその事が如実に表れていた。忙しいと考える時間を奪うのだ。その結果がこのざまだった。反省しきりである。でも、忙しくて、何もできなかったわけではない。8月は蜂に刺されながらも、12日には、母の米寿の祝いを、会津若松で、ささやかながら行い、実家の剪定を行い、神指と、滝沢の家を訪れ、楽しい時間を過ごした。9月は、長男の家が完成して、その家を見に行き、子供の独立を実感した。庭に植えてある木はどうしても目が行き、困った。自分の庭はその間も、成長して、新しいシーンを見せてくれた。植木の仕事が続いて、体重が1キロ余り増えてしまった。

 

 

 

0 コメント

繁忙月が終わりかと思いきや!!

 6月は、忙しかった。植木の出動が二日に1回の割り以上にあったからだ。ランニングは二百を行かないし、筋トレは10回だった。しかし、技術的には得るものが多かったのも事実である。知識と技術のコラボが必要だ。そしてそこに人生経験が重なれば、人間的に大きく成長できるような気もした。七月は前半が忙しい、暑くなるが、一日一日頑張ろう。そうそう、酷使した自転車はとうとう今日、ガラスが割れるような音を立てて、帰り道の途中でパンクして、ご臨終、いろいろ考えながら、引きづりながら帰宅した。

 

0 コメント

1月雑感

 今日は31日である。これで1月も終わり、2月に入る。自分の生活を振り返る。若潮マラソンでサブフォーに滑り込め得たのはラッキーだった。走る距離は稼いだが、スピード練習と持久練習が不足していた。これからの練習の設計図が改めて示された格好になった。シルバーは、ぼちぼち仕事が入る。一つ一つの仕事に愛着を持とう。自分の仕事が少しづつ増えてきている。PCは、頓挫している。得意なPCを作ろうと、T60とT410とX220に特化している。なかなか充実した躯体が作れない。ハード面では満足できていない。ソフト面でも、DELPHIを追及出来ていない。ソフトウエアの開発には程遠い状態である。植物の勉強は奥が深い。不耕起栽培の本を読んだが、納得するところも多いのだが、そこまでだ。キンカンが収穫時期だ。

0 コメント

2017年を書く!!!

 2017年 明けまして おめでとう ございます。

 

  今年も、宜しくお願い申し上げます。

 

 自然と人間の調和、自然の中で生かされる人間、それをテーマに自然と人間の優しい関係を求めていくことが必要かと考えています。世界は、自然と人間を対立と捉える人々とそうでないと考える人々で成り立っているようなきがします。この融合を目指さないと、人類の未来はないようにも思えます。磐梯山と穂を出した稲はそのことを教えているような気がします。

 

  プランターに植えた2本のトマトは、ミニと普通のトマトを、造り続けてくれました。何段にも枝を張り、これでもかと、実をならせてくれました。水がなくても必死に実を作ってくれました。時には皮が固くなりました。でも美味しかったです。なすは2本でしたが地植えの利を生かしてどんどん成長して大きくなり実をならしてくれました。多少硬くて、食べにくい所もありましたが、恵みをくれましたね。新鮮さが、おいしさに輪をかけてくれました。最後には、鳥も食べに来ましたね。命を全うしてくれてありがとう。なすはうまくて、すぐに虫に食われてしまいました。食われても食われても、成長を続けていましたね。

 

 1本だけ植えたキュウリは、途中で芯が食われて、成長中止、止まりましたね。でもその後に復活してやっと、1本、花から実をつけましたね。立派でした。それで終わりでしたね。隣はPFです。苗がたくさんあったのですが、花が咲き、受粉して実を結んだのは、全体で20個くらいでしたね。パンパンの実が、色づいて、しわしわになっていく熟成の仕方でしたね。見た目は悪いけど、種を含むその実は、とても酸味と甘みが効いて、素晴らしい味でしたね。もっともっと沢山の実を収穫できなかったことが、今年の反省です。

 来年は、もっと収穫できるように、動きます。

 地元の土地を、支えつつ、周りの木樹を確かめつつ、自然と、生活を近づけることを目標に生きていけたらなあと思います。共に頑張りましょう!!!

4 コメント

今年を振り返る・・本から

 この写真は、今年読んだ本のほとんど全てかも知れない。まとめて写真を撮ってみた。気が付くことは、世界史に関係する事が多いかなということな。それと日本史の特に戦後史に関することが、見て取れる。自分の関心が、世界と、日本の戦後に集中していることが、わかる。2016年は、もう終わる。21世紀の10年代は、どんな世界なのか、これから世界はどういう方向に進むのかが、わからないから、本を読むのかもしれない。今から100年前の1900年代の10年代は、第一次世界大戦で、もう戦争はいやだという空気が20年代に蔓延した。現代のもうテロとは決別だという空気もわからなくはない。でも現実は厳しい。アメリカは、孤立主義にむかうのか。??

0 コメント

今を読む!!

 毎月、都図書館に行っては、10冊近くの本を借りて読む。その中で、気に入った本はほとんどネットで購入という生活を繰り返してきましたが、12月は写真の本を読んでいます。一番のお気に入りは『重力の本』です。一番身近で一番気に留めることのない当たり前の重力が、興味深く書かれています。ちと難しい向きもあるけれども、面白いと思えた1冊です。それと耕さないで作物を作る試みは現代農業に対する一つのメッセイジになると思いました。まだ全部読んでいません。植物の名前の由来はそれなりに面白かったと思います。その他の2冊は、評価が定まりません。毎月、図書館に行って、書物を借りるという行為は、自分が、いま、まだ興味を持って居ることが、説明できる行為ということで、自分確認の時間だと思います。

0 コメント

今年はこれから始まった

 2016年を振り返り、今日はこの本を、紹介させていただく。日本人が戦争の敗北のダメージに打ちひしがれている時に、生活をすることだけに、一生県命だった時に、もちろん本を読むひまはない。でも日本人は、その苦難を乗り越えてきた。そして、著しい経済成長を成し遂げてきた。この本は、その時代の日本をアメリカ人の視点から、冷静にしかも、好意的に分析してくれた本である。アメリカ人の日本理解をもとに、日本人が以下に困難を乗り越えてきたか、あるいは、妥協してきたかを示す、歴史の証人である。と私は、読んで思った。日本人を客観的に捉える良書であると感じて読んだ。

0 コメント

『世界は宗教で動いている』橋爪大三郎・光文社新書を読んで・・・

  手に取って2日で読んでしまった。面白かった。内容は、キリスト教、イスラム教、ヒンドウー教、儒教、そして神道についてわかりやすく、そしてポイントをついた解説がされていた。久しぶりに 小生の、好奇心を刺激しました。特に一神教と多神教の比較が際立っていました。多神教の日本人に唯一神の宗教をすんなりと理解させてくれました。現代社会を理解する場合に避けて通る事が出来ないキリスト教、イスラム教を唯一神という観点から、現代社会を理解するヒントを与えてくれた気がしました。グローバルに世界を理解する必要性を感じました。久々に読んでいて成程と思いました。人間と自然との関係が、西洋と東洋では全く違う事がよくわかりました。また、仏教の世界観が今迄自分が捉えていたものと違う事も自覚できました。読んできた本の中で、これまでの知識を整理してくれてありがたいなあと思いました。世界の謎がひとつひとつ自分の中で解明されていく、快感を少しだけ感じることができました。

 

0 コメント

五月中旬になり・・・

 さわやかな風が吹きわたり、気持ちの良い日々、体は毎日の生活をウソ偽りなく反応してくれている。植木の仕事は今までに5回をこなし、トレーニングはまだ百キ{94キロ}にならず、筋トレは8回を数えている。PCへの接触は、ずいぶん減っている。しかし生活は充実しているか。庭の植物への水やりは一日も休むことは許されず、まさに水やり3年とはよく言ったものだ。さくらんぼの充実は終わり、お礼を与える段階である。PFはこれからが生育の正念場である。その他の果樹はこれからである。6月5日の鋸南町のハーフを目指して頑張ろうと思う今日この頃である。

 文中のさくらんぼの礼肥は与える時期はお盆過ぎくらいで、EMぼかしを成木だけ与えようと思う(16日追記)。

0 コメント

四月下旬・・・そのⅠ

 新学期、新年度が始まり、世の中の動きが、新しく見える今日この頃、小生は、マラソン人生、シルバー植木班人生、読書人生、PC人生、バドミントン人生と時間を割るふりながら、生きております。その中でマラソン人生について、近況報告をします。現在四月は、走行距離、180キロ、トレーニングジム13回とまあまあ順調な練習をしています。長い距離は、今月まだしていません。が筋トレは、60トン台から確実に70トン台に移行しております。下半身の特に大腿四頭筋と上半身の腕周りの強化を中心に回数と負荷を上げております。体型の強化を図るつもりです。年をとっても、体に変化を感じる事ができるのは、幸せです。今から40数年前にウエイトトレーニングを教えていただいた、会津高校陸上競技部時代の顧問であった、国井先生の今更ながら、感謝している毎日です。基本を教えてもらえたのは、確実に定着して自分のやり方の基本になっているので、助かっております。4月の終わりまでには、20キロ以上走ろうと思います。

 

エプリル下旬・・・そのⅡ

  いよいよ暖かくなってきて、2016年度のPFの季節が始まりました。写真は”しょいかーご”の隣の園芸店で購入した(去年も購入)した、PFの苗(挿し木)である。種類が違うが、都合この店で4本を購入して、グリーンカーテンを作る主力の苗とした。ベランダで3つのプランターにそれぞれ1本と2本の苗を植えこみ、ネット(横3メートルと縦2メートル)に這わせる計画である。種類を違えたのは、自家受粉で果実が付くと思うが、他家受粉も試みれるように思ったからである。どの位の花芽が6月までについて、花が咲くかはわからないが、元気のよい苗に頼ってみようと考えた末の結論である。それぞれ成長に違いが見られるなえであるが、これに今年はかけよう。9月以降はこの苗から挿し木を取る予定である。

  

  この写真はベランダに植えこんだ写真である。両側のプランターは、20リーター以上の容積の箱である。真ん中のプランターは10数リットルの容積である。真ん中に2本、両側に1本を植えこんだ。用土は、一番下に赤玉土(中粒)を2から3割しき、その上に、野菜の栽培土を入れ込んだ。大きいプランターの手前は、赤玉土と野菜の土の間に、腐葉土を土と混ぜて、入れてある。大きいプランター同士で、土の違いで生育に差が出るか確認するためである。また小さいプランターにあえて2本を入れたのは、PFのグリーンカーテン栽培に必要な用土は1本に付きどのくらい必要かを調べるためである。少ない用土で生育できるならプランター栽培は有望である。今年はこんな感じで、PFの栽培をやる予定です。小さい写真ですが、クリックすると拡大されます。昨年は、ささげの栽培で水やりに苦労したが、今年はどうなるであろうか。PFは水を好むからな。

 

 本来であれば、この写真でおなじみの去年から冬を越した、PFの挿し木苗を今年は使う予定であった。ところが、写真をクリックして拡大してもらえばわかると思いますが、今一苗や実生苗に元気がありません。本体が、固くなっており、成長しているなあという様子がこちらに伝わって来ません。去年からの寒さのせいで、全体的には少しづつ大きくなってきてはいるのですが、成長してぐんぐん伸びているよという風なところが毎日観察しても見られないからです。もう一度クリックして拡大してみて確認して見てください。毎日観察していた結果がこれでした。つい最近は成長点を切り詰めてみたりしてみました。もう少し経ったら元気なものだけを植え替える予定です。

2 コメント

2016年 今年は・・・

 新しい年が始まり2週目に入る。新年は会津で過ごし、帰ってきて10日余りになる。昨年来の走り癖が直らず、もう120キロ余りを走破した。バドミントンも4回ほどやった。3月の佐倉マラソンに向けて、じっくり準備しよう。バドミントンも試合にでよう。庭の木は剪定時期かな。春に向けた準備をしよう。パッションフルーツ(PFは霜にあい大変な状況です。趣味:パッションフルーツのところを見てください)、レモン、さくらんぼが気になる。グアヴァなどの種物の播種準備もしよう。PC環境はモバイルルーターを導入して、大きなネットワークを千葉と会津で作りたい。リナックスを勉強しよう。そして、何よりシルバーセンターへ行こう。春まで羽ばたく準備は沢山ある。

0 コメント

年末雑感2015

 4月退職後の生活が始まる。それから9か月、早いようで長い日々が続いた。肉体改造と37年間の総括という名の生活の整理が始まり、そして年末を迎え、それなりの到達点にいる自分を今発見している。肉体改造は12月にホノルルマラソンを設定することで、筋トレとランニングを今まで以上に強化した。平均すると月間、筋トレ回数15回以上と走行距離150キロをこなした。その結果、体重は7キロ以上減少し、体脂肪率も5%以上減少、健康になった。合間にバドミントンをこれまで以上にこなして自分の体が軽くなっていることを実感した。やはり継続は力なりを改めて実感した次第である。今までの総括という点では、有り余る時間を有効に使い、授業記録の暫定的な整理とPC内の記録(今までに使用して記録したHDDやFD)の大まかな整理をやることが出来た。継続的な生活を再構築するという意味では一つの区切りをつけられたかなという感想を持っている。明日からの新しい年に今までの成果を持ちつつ望みたい。

 

6 コメント

市民大会(千葉市民リーグ冬季大会)にて

 12月27日日曜日に千葉市民リーグ冬季大会に花島公園体育館にて参戦、18部と22部で半年振りの試合をした。小生は18部に参加した。1チーム棄権していたので、試合数は2試合となる。最初にミックスダブルスと2試合目に男子ダブルスで戦かった。ミックスは立ち上がりが悪くて1ゲーム落としたが、2ゲーム目には8点で取り返し、ファイナルとなった。序盤から競っていったが、中盤で少しリードし、20点時には17点と3ポイントリードしたが、サーブからの処理で躓き、同点になり延長戦へ入り、23対21でマッチを落とした。惜しかったが、ミックスの試合展開がこちらは十分できなかったのが敗因であろう。2試合目は、若年組との対戦で、あげて打たれるパターンで0-2で負けてしまった。しかし、1ゲーム目より2ゲーム目は大幅に自分たちのポイントを伸ばした。いろいろな状況で試合をするのは、お互いに難しい事を実感させられた試合であった。週2回といえども、1ゲーム1ゲームにブツカッテいく状況を自分なりに厳しくしていかなければと痛感した。今年はこれで試合は御仕舞だが、来年7日からまた新たな気持ちで取り組んでいこう。22部はアクシデントがあったが、若者組が活躍して2位だったが善戦した結果を残した。

0 コメント

自分は何か・・・

今日自分が走った距離を自動車で計測した、自宅からマリンスタジアムの距離は12.8キロ(片道)だった。これがこれからの基準となる長さになる。フルマラソンのトレーニングをする時の基準になる。自分の走るスピードを自分で把握することは基本である。それにより自分の走るスピードが決められると思う。今年はホノルルマラソン初エントリーというけど記録が楽しみだ。これから将来につながるか、これ以上我慢が出来ないはということで終わりにしたい。自分の目標は自分で設定できるし、変更を可能、でも設定した以上は自分で責任を持つことも常識である。明るくいきたいな。

 

 

0 コメント