2018年 マラソン · 01日 6月 2018
 数日前の日経新聞にランニングの記事が出ていた。読んでみると、疲れない長距離走のランニングフォームに関するものだった。興味深く読み、さっそく実行してみた。ポイントは簡単で、足を踏み出す時に、股関節を回して(腰にひねりを加えるように)角度をつけて、ストライドを伸ばして、着地するときに、重心を前にして自然に踏み出すというものである。14キロ走ってみた。10キロから12キロの2キロは従来のフォームで走った。やってみて、まずスピードが上がった。踏み込み足に力が簡単に入った。走ってみて、足の疲れが軽減された。従来のフォームで走ると重かった。これは、いいぞという結論に達した。今日、12キロこれで走ってみて、フォーム改造の効果を改めて実感した。3年間俺は、ただやみくもに走っていたような気分になった。が、これからの未来に明るいものを感じたのも事実である。どこにヒントがあるかわからない。人生は面白いと感じた。記事の内容はブログのメニューのランニングフォームの改造にある。
2018年 マーマレード · 31日 5月 2018
 5月の月末に、MLを作ってみた。材料は、甘夏(熊本田ノ浦)、ジューシーオレンジ(熊本)、須藤さんちの無農薬夏ミカンだ。今回のトライの目玉は、ジューサーを使うことだ。ジュウシーオレンジは、文旦系なので皮が厚いし、綿も多い。種が少なかったので、細かく切って、皮ごとミキシングする。夏ミカンも1個種を取り除いてやってみた。種のペクチンの効果もあったが、やはり皮ごとの、威力は絶大であった。とろみが、透明さを維持しつつ、出てきたようだ。いわいるトロミが戻ってきた。全部で6個の内容を使用しているので、6瓶になったが、いい色になった。オレンジ色と黄色のマッチングが絶妙だ。砂糖は、きっちり200グラムを入れた。全体の割合からすると、10%台になるかもしれない。まさに大人の味がそこにはあるかもしれない。
2018年 植木 · 20日 5月 2018
 風が強い今日は、八街で講習会だ。ストレッチの後、紐の結び方、今日は、とっくり結びだ。マスターできたかな。その後に、梅花ウツギの話になり、盛り上がる。そして、屋内の講義室を作り、ライトをつけて、講義。病害虫の駆除についての話しで盛り上がった。小生には、初めての話が多く大変参考になった。午後は、柘植の玉造の剪定をやった。仕事を見てくれてアドバイスをいただけるのでありがたい。命綱の扱いは大事たと感じた。また、はさみの置き方を注意されたのはありがたい。癖にはしたくない。三脚の紐と命綱はいつも実行したいと思った。
2018年 · 20日 5月 2018
 昨日、教え子の結婚式に参列した。呼んでもらえる喜びを意識する年齢になったかなと思う。ありがたいことである。式は今風で、自分たちが中心であり、細部に事細かな配慮が見られて、素晴らしい式と披露宴だった。自分の事とを考えると忙しいのによくここ迄、気を使って作り上げてくれたなという感想がわいた。自分たちも楽しみ、招待された人たちにも時間を感じさせない演出をするという事の繰り返しでお互いが楽しんで、よくお互いを理解できた慶事だった。素晴らしい、今後の良き人生を送られん事を切に望みます。CHBCの仲間にも感謝したい。また交流しようよ。
2018年 植木 · 08日 5月 2018
 5月6日の連休の終わりに、八街の講習会に参加した。今回で3回目である。千葉県だけじゃなくて近隣の都府県からの参加者を含めての講習会である。初回の四ツ目垣は以前に書いた。今回は、黒松の若なつみと、アセビと夏ミカンのこの時期の剪定である。それぞれ細かい説明を聞きながら、その後に実際の剪定をする。皆でやるのであっという間に終わり、片付けも短時間だが、その間の会話が面白い。色々な立場で色々な話が出たり、質問が出たりで盛り上がる。境遇が違う人々の集まりなので勉強になる。普段剪定をしないアセビの剪定は特に勉強になった。夏ミカンの剪定に関しては、実を多くとる方法に触れてもらい参考になった。特に結果枝についての解説が役に立つなと思った。前回の、隠れ蓑、梅、カヤの剪定も得るものが多かった。ありがたい。
2018年 さくらんぼ · 30日 4月 2018
 今日で4月が終わる。今月は266キロ走破、ジムも10回程通った。植木もそこそここなした。庭のサクランボは、写真の通りである。まだ青い時から、手の届く枝の摘果を行ってきたが、今年も鈴なりになってしまった。摘果が全然不十分なのだろうと思う。2月に寒肥を施したので、実は充実したようだ。花の段階から勢いが違ったようである。おまけに今年は例年よりも気候条件が良いのか、一週間程、収穫が早い。甘さはいまいちだが、約1キロ程収穫して、サクランボジャムを作ってみた。250グラム瓶2個ほど作れた。丸ごと煮て、後から種をひとつひとつ取り出した。種の取り出しだけで1時間ほどかかったかな。次から次へと出てくる種を根気よく取り出す作業は、根気のいる作業だった。出来上がりは酸味が効いたさくらんぼだった。あと2,3日で、ついている実はムクドリの胃に収まるはずだ。いつのまにか。!
2018年 植木 · 09日 4月 2018
 4月8日(日)に先輩に導かれた講習会で『四ツ目垣』作りを体験した。昼を挟んで4時間余りの実習だったが、意欲の高い人たちの集まりでしかも経験豊かな先輩に恵まれて、新鮮な体験をさせていただいた。大いに勉強になった。先人の竹の特性を見極めた数々の知恵がいっぱい詰まった生垣は、ひたすら自然にやさしく、合理的に作られていた。竹の見方から、美しく見える使い方、竹の切り方、釘の使い方、竹の打ち込み方、水平の取り方、太さによるバランス、緩まない棕櫚縄の結び方、何度も男結びで、締めてはやり直して、しっかりした垣根が、十数人の手を通して出来上がった。写真はネットから取ったイメージである。造園士は写真のような生垣は2時間かからないで作ってしまうそうである。素晴らしい技である。講習会に入会して、色々学べそうである。楽しみである。
2018年 マラソン · 25日 3月 2018
 3月25日(日)晴れ、気温20度越えの中、マラソンにエントリーした。今回で4回目の挑戦となる。狙いは、3時間45分を切りたいという目標だった。9時過ぎに、3時間30分から4時間のところに並んでスタートを待った。スタート10分前頃に3時間45分のペースメーカー2名を発見、よーしこれについていけばいいね、と思ったのがそもそもの間違いだった。スタートしてから1,2キロほどは難なくついていけたが、そのあとがよくないペースが上がってこちらのオーバーぺースになってしまった。気が付いた時には大分オーバーペースおまけに気温が高いと来ているので、発汗がすごくなってしまって体力を消費した。自分のペースに戻して、何とか20キロ付近まではもったが、体が重かった。そこから右足の膝に痛みを覚えた。この段階では初めてだった。だんだん痛くなる。普通であれば痛みを堪えて走るのだが、今回は心が折れて、歩く始末となる。20キロ台30キロ台は歩くのと走るのとの繰り返しとなった。次々とペースメーカーが通り過ぎる。最後の3キロは走り切ったが、2年前の記録に比べると40分程かかった。1年振りのフルマラソンはまた試練を与えてくれた。奥が深い競技である。川井塾の他のメンバーも苦労したようである。素晴らしい花見の一日だったが、マラソンはきつかった。高橋尚子と有森裕子は微笑んではくれなかった。
2018年 PC · 18日 3月 2018
 以前にThinkPad...
2018年 マーマレード · 17日 3月 2018
 八百屋に行った。奇麗で大きな柚子をゲット、ついでに甘夏も3個ゲットしたのが数日前。やはり王道のMLを作りたくなった。今回の試行は、皮のスライスする大きさを半分にしてみた。また、端っこの小さいところは除いた。今までのスライスした皮が大きいままで、食べ応えがあったのだが、流動感がなかったので変えてみようとした。出来上がって、瓶詰めにした状態で、動かしてみると、いい感じに動く。作っているときの鍋のかき回し感も良好だった。甘夏3個分の種と柚子1個分の種は、大分ペクチンを出してくれたが、若干少なかったかなという感触をもった。袋は少量しか刻んで入れなかったので、今までで一番の透明感をもったものが出来た。甘夏の酸味と柚子の香りが漂う逸品となったと思う。まだまだ奥が深いなあ!!!

さらに表示する